面接で好印象を与えるポイント

面接で好印象を与えるポイント

仕事を探す上で、面接はとても重要なものになります。雇用形態が正社員なのはもちろん、派遣社員やアルバイト、パートであっても必須なものになります。履歴書や職務経歴書上はとても優秀な人であっても、面接で実際その人を見たり話したりして、企業が求める人材ではなかった場合、不採用になってしまいます。就職するにあたって、筆記試験などは得意でも面接は苦手な人も多いです。その逆の場合もあります。極度に緊張してしまって、普段の自分を出せない人もきっといるでしょう。第一印象はとても大事になるので、なんとかして面接官に好印象を与えたいです。

まず第一印象を良くするには、服装などの見た目を気をつけることです。スーツがよれていたりするとだらしない印象を与えてしまいます。寝癖がついていたり、髭がボーボーに生えていたりでは、清潔感がありません。また女性においては、化粧が濃すぎたり、髪が目にかかったりするとあまり良い印象ではありません。しかし、美容部員や美容師、販売員などの主にフアッションや美容に関する接客業において、濃いお化粧や明るい髪がなどは華やかで好まれることがあります。服装においても基本はスーツですが、業種や職種によっては、その人のセンスを見る為にあえて私服の場合もあります。

比べてお得!